『Missing』(M4!!!!『Gravity』収録)に狂っている話

※この記事は、超絶にわかオタクがM4ちゃんの1stミニアルバム『Gravity』を聴いてみたところ『Missing』があまりにも刺さりすぎてノリと勢いだけで書いたやつです!レビューではなく妄言だし有益な情報は何もないです!あらかじめご了承ください!

はーーーーーい!!!!

というわけでMARINE SUPERNOVAのふわふわ癒し系(今勝手につけた)ことM4ちゃんのアルバムを聴いたら!あまりにも! 良すぎたので! 引っ越し作業を中断してブログを書くよ!

まだ聴いてない人は試聴してくれ!

先に出ていたシングル収録曲、『4 Me!!!!』・『ONLY LOVE ~君がくれた愛し方~』は試聴していて、「M4ちゃん、もっとポップなアイドル路線と思いきや、意外に打ち込み系サウンドなんだな~」と思っていた。

そんなふうに「M4ちゃんはふわふわカワイイなあ~…」という微笑ましい気持ちを抱いていたオタクなので、まさかミニアルバム一曲目『COUNTDOWN』が、ここまでバチバチのEDMとは思わず衝撃を受けた。

「M4ちゃんとEDMってこんな相性いいのか…!!!!!!!」

透明感とユニセックスさを持つながにゃんの声、やわらかに清涼感のある市川くんの声、ラップコンテンツでも鍛え上げられたあまにゃんのMCっぷり、そしてFMのDJっぽさもある濱野さんの低音・発音・声質。

四者四様、だけど皆そこはかとなく品のある歌声が、攻撃的なEDMサウンドにマッチして、サビはアニソンぽい懐かしさもあって。

正直、男性声優ユニットでここまで攻めた楽曲がくると思ってなくて一曲目聴いた時点からギャーギャー騒いだ。


が、私がそれ以上に衝撃を受けるのは三曲目、『Missing』


のっけから鳴り響くドラムに高らかなホーンセクション、高音3人の攻撃的なフレーズ、そこに絡む濱野さんの低音MC、いやもうサイッッッッッコーーーーーーーーーーーーすぎるでしょ!?

文脈としてあまにゃんがMCやラップパートを担うことは予想していたが、濱野さんがMCで3ボーカル・1MCになるパターンは予想していなかったし、その構成がここまで爽快感と遊び心とセクシーさを感じる仕上がりになるとは……ちょっと………あまりの良さに意識が遠のいた。

どこか甘さや少年ぽさ、キュートさもある3人の高音とキャッチーな歌詞、濱野さんの低音フレーズの絶妙なバランス感がクセになる。

M4ちゃん90年代ファンクなテイストまでハマるとは聞いてないし、楽曲あまりにもド性癖すぎるし、うらやましすぎて身悶えたし3時間ぶっ通しでリピートした。

このリンクで試聴動画が『Missing』から再生されるので!
2019年もっとも私を狂わせた男性声優楽曲になるだろう『Missing』を聴いてください! あなたの1分を私にください!!!!


そこから繫がる4曲目、『Ray light』は、うってかわって、切なくしっとり響くメロウな楽曲。

どちらかといえば湿度高めな響きを持つM4ちゃんたちの歌声、確かな歌唱力がこの曲調にハマるのはもはや言うまでもなく……そこに挟まれるあまにゃん濱野さんのラップがまたすごいんすよ………featuringでゲストMC引っ張ってきたのか? という出来映えで……………あの、濱野さんもっとラップしませんか?????????


という妄言はさておき、&6allein・M4!!!!・Kashicomi(五十音順・敬称略)のMARINE SUPERNOVAユニット楽曲は、全て西岡和哉さんが音楽プロデューサーです。

昨年はアンロクさんのアルバムについてこんなブログを書いていたうえ、昨日(2019年2月13日)の放送で初OAされたKashicomiのアルバム新曲も最高で、もはや私は男性声優ユニットのファンというより、西岡和哉プロデューサーのファンなのでは? 西岡和哉を信じろ……という気持ちで生きる今日この頃です。

M4!!!! 1st Mini Album Gravity

M4!!!! 1st Mini Album Gravity