SideM 3rd静岡2日目ライビュの個人的記憶(欠落気味)

これまでのあらすじ

THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR ~GLORIOUS ST@GE!~』最終日、静岡2日目。

今回のツアー、これまでは、現地もライブビューイングも単騎参戦でしたが、この日は相互フォロワーさん達とライブビューイングに参加しました。

結果、一緒に入ることが出来て本当に良かったなというか、いや一人だったとしても泣いたり叫んだりしたと思うんですが、気持ちを分かち合えて本当に助かりました……。


開幕は『Reason!!』、そしてHigh ×Joker『HIGH JUMP NO LIMIT』、S.E.M『Study Equal Magic』。

学校繫がりの流れ、コール&レスポンスや振りコピで、会場のボルテージが急上昇するこの二曲。ライビュ会場も現地に引けを取らない盛り上がり。

最初からクライマックスにハイテンションじゃーん! と、3曲目が終わった時点で、若干息切れし始めるオタク。

スクリーンに映し出される満月。

「運営は俺たちを生きて返さないつもりだな!?」と明確な殺意を認識するオタク。UOを折り始める同行者たち。周囲からもパキッ…パキッ…という音が響く。

静岡1日目同様、いやそれ以上に「会場をアゲまくる」役割を担うムンナイ、大騒ぎ出来て楽しかったー! ひたすらに楽しかったー!!!!

昭和歌謡とか懐かしいテイストのアイドル楽曲を好むため、もともとムンナイ自体すごく好きでしたが、「現場で盛り上がるのがハイパー楽しい曲」なのだと3rdライブで学んで、ますます大好きになりました。


更に息切れしながら「このアゲアゲな流れで、アルテはどうやって何の曲やるんだろう……」とぼんやり考えはじめていたところ、始まったのは、Legenders『Legacy of Sprit』。

レジェの楽曲のテイストが大好き(他の2次元アイドルコンテンツだと、カルナイ・TRIGGER・SolidSあたりの楽曲が好きなわかりやすい嗜好のオタクです)なので、疾走感のある曲調、三人の流麗なボーカル、照明演出に、先ほどまでとはまた異なるアガり方をしてしまう。


それに続くのが、Altessimoの、『Tone's Destiny』だった。

これが、あの、この日のアルテが、昨日以上に、すっごく良くて。

静岡1日目も、「幕張2日目より良かったな!」とうれしかったのですが、静岡2日目、これまで映像ライビュ現地で観たなかで、文句なしに一番よくて。

それは単純に音程やリズムなどの正確性や精度といった話だけじゃなくて、声からも表情からも感情が伝わってくるようなパフォーマンス、アイドルとして音楽を楽しむ姿を含めて、何もかもが、すっごく「今のAltessimo」で……。

幸福そのものな永野さんの笑顔、情感豊かな透き通った歌声、前よりずっと綺麗になっているダンス。

土岐さんの穏やかな微笑みと、安定した歌声、鍛え上げた肉体から繰り出される優雅でうつくしいダンス。

しかも、この日のライブビューイング、それまでスイッチングが上手くいっていない場面も多少あったのですが、アルテのこの曲は、カメラワークやスイッチングも決まりまくっていて、すべての歯車がきもちよく、カチッとはまって、「今のAltessimoとしての、最高のパフォーマンス」を届けてくれていて。

この一曲の時点でも、「今日のAltessimo、ほんとうに良かったよ~!」と手放しで褒め称えたい気持ちになっていました。


昨日からの余波が続く、FRAME『Swing Your Leaves』では、増元さんの腰に巻いた布が取れてしまうハプニング。

踏んだりしないかな? 危なくないかな? と少々ハラハラ見守っていたところ、間奏部分、「その布を広げ、相手をお姫様抱っこをする」というパフォーマンスに活用されたため、「て、天才……ッ!」と呻きました。

元々お姫様抱っこをするつもりだったとしても、そうじゃなくても、信玄さんの誠実な人柄にあった立ち振る舞いに繫がっていて、あまりにも天才の所業すぎた。


MCを挟んで始まったのは、古論先生のソロ、『Undiscovered WORLD』。

駒田航さんの朗々と響く歌唱と、この楽曲が大好きな私は、パフォーマンスを楽しみにしていたのですが、これが、期待を遥かに超えるすばらしさでした。

f:id:myrkky:20180809220614p:plain

f:id:myrkky:20180809220623p:plain

f:id:myrkky:20180809220632p:plain

望遠鏡を覗き込んだり、ボートを漕いだり、海を彷徨い、悩み、迷いながら進んでいく、というストーリーを感じられる振り付けも。

海中の生き物や、うつくしい水面や、彼が見つけた新大陸などを描写する映像も。

海を思わせる絶妙なニュアンスの青い照明も。何より、水の中の泡のようにうつくしいシャボン玉がきらめく中、舞台に立つ駒田さんに、古論先生がオーバーラップして。

セカライの映像など、客席のペンライトを「海が見えます!」と言っていた古論先生が、ただの比喩でない、本当に海をモチーフにした演出の中で歌い踊ることが出来ているんだ、ということが、何だか、嬉しくてたまらなくて。


新大陸へと辿り着いた古論先生を待っていたのが、雨彦さんと想楽くんで。

三人で高らかに『Symphonic Brave』を歌い上げるという展開も、あまりにも綺麗で。

Symphonic Brave

Symphonic Brave

  • Legenders
  • アニメ
  • ¥250

超個人的な事情で『Symphonic Brave』にすごく勇気づけられた人間のため、こんなに素敵な流れで披露されて、ますますこの曲が胸に染み入りました。


そして、前日に披露されなかった、ということは、今日くるとは、予想していました。

f:id:myrkky:20180809220805p:plain

個人的には、この流れで披露されるのが一番ヤバイ、と思っていたので、『Never end 「Opus」』のイントロが始まった時点で、その先の死を覚悟しました。

ただ、このOpusが、セカライの、あの、こちらまで胸が苦しくなるようなOpusとは、全然違っていて。

ふたりがめぐり逢えたよろこびや、希望も、確かに感じられるパフォーマンスで。

そこから永野さんが一礼して舞台を去る姿を、「Bravo!!!」などと叫べず、息を呑んで見つめて。


そしてあの美しい、奔流のようピアノが鳴り響く、『Sanctuary World』のイントロがはじまりました。

夢でも見ているのだろうか、というひとときでした。

軽やかにやわらかに正確な土岐さんの歌声は勿論、映像も、照明も、レーザーも、何もかもが素晴らしい、おそらく今観ることが出来る最高の「都築圭のソロ曲」が繰り広げられていました


古論先生のソロは海や生物など「具体的」なイメージを重ねることで世界観を作っていたのですが、

都築さんのソロ曲は鳥籠めいたグラフィックや建物の中を思わせる要素など、どちらかというと「抽象的」「象徴的」なイメージの連続で世界が構築されている印象があって。

どちらも大好きな楽曲、そして大好きなソロ演出でしたが、両者の異なる魅力という意味でも、本当にうっとりするほど素敵で。

何度か崩れそうになりながらも、そのうつくしい音に身を任せて、ライトイエローのペンライトを振りました。


一番好きだったのは後半、ただの黄色いレーザーではなく、Altessimoのユニットカラーの淡いイエローのレーザーが光る場面でした。

間奏でピアノを奏でるような腕の動きと、バイオリンの旋律に耳を澄ませるような姿には、涙ぐみました。

最後には建物を抜け、広がる空の下で歌うようなイメージ。まるで都築さんの心を描写するような情景。

今思い返しても、すべての瞬間が、あまりにもうつくしかった。

胸がいっぱいになりながらも、直接は届かなくても、精一杯の「Bravo!!!」と拍手を土岐さんに贈りました。


そんなふうに、心の底からの幸せを感じていた、私は、革張りの豪奢な椅子に、傲慢な王族のように座る中島ヨシキさんの姿を観た瞬間、「いや無理ーーーーー!!!!!!」と悲鳴を上げてその場に崩れ落ちました。

セカライの『GOLD ~No.79~』も、ミラーボールの下、白い羽根をまとったヨシキさんがスタンドマイクに身を任せるというなかなかの演出でしたが、今回は、椅子に座ったヨシキさんを舐めまわすかのようにねちっこく撮るカメラという、「男性声優を相手に何そのエロ演出!!!?????」とジャニオタでもある私に混乱しか招かない内容でした。

しかも最近ヨシキさんは痩せてVi値が上がりまくっていてですね、常日頃「ヨシキが美少女にしか見えない」「ヨシキ…きれいよ……」という妄言を吐きまくっていた私は、スクリーンで繰り広げられる光景をどう受けとめればよいのかわからず、立ち上がろうとしては、「いや、無理、無理……」「何これ…無理……」と呻いて崩れ落ち、結局は一曲丸々しゃがみこんだまま見終えるという、未だかつてない体験をすることになりました。

Altessimoと都築さんソロで泣き崩れそうなところを気合いで見届け、油断したところに、膝に大ダメージを食らったわけです。

続くS.E.Mの『サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday』はムンナイと並んでジャニオタに刺さるSideM二大名曲(たぶん)なので、座ってる場合じゃねえ! と意識を取り戻し、しっとりした三人の歌声と切ない旋律に身をゆだね、楽しく聴きました。


そしてDRAMATIC STARSとHigh ×Jokerの『夜空に煌めく星のように』。

これまで何度か観てきましたが、この日、今までで一番、心に突き刺さりました。

キラキラしてるけどちょっぴり切ないメロディからも、歌詞からも、私がアイドルマスターSideMというコンテンツに惹かれた理由、健やかさと未来への希望、多様性の肯定、みたいなものが、ギュギュッと詰まった楽曲なんだ、ということをあらためて感じられました。

仲村さんと野上さんがセンターで笑顔で歌っている様子も、この短い期間で、それぞれのお仕事を拝見したり、記事を読んだり、ラジオでお話を聴いたり、と思い入れが強まっている分、私の胸を締めつける光景でした。


……と、このブロックが終了してMCに入った時点で、もはや満身創痍。ライビュだというのに、前日の現地と同じくらい汗をかいていました。

暗転後、ここからはユニット曲かなー誰がくるかなーと待っていたところ、スクリーンに映る会場から、これまで聴いたことのないような、もはや悲鳴としか呼べない声が次々に上がり始めていました

(実際、会場に行って分かったのですが、現地だと暗転中でもステージに何人いるか見えるんですよね。でもライビュでは全然見えない)

「この悲鳴は!?」「一体何が起きてるんだ……!?」とライビュ会場もざわつき始めたところで、そのイントロが鳴り響きました。


『永遠なる四銃士のイントロが。


「WORLD TRE@SURE」の第一弾、ユニットを越境した四名によるこの楽曲。そのメンバーは、今日は全員揃っていないはず。
三人でやるのか? いや、舞台に四人いるぞ? 益山さんの代わりが誰かいるのか? と混乱する我々が目にしたのは、本日出演予定がないはずの、益山さんの姿でした。

そして数十分ぶり本日二度目、そして人生で二度目、私は悲鳴を上げその場に崩れ落ちました(今度はどうにか椅子に座りました)。

剣を使った振付も、バックモニターが四分割で四人の姿を映し出した光景も、素晴らしいパフォーマンスだと感じたおぼろげな記憶はあるのですが、とにかくずっと泣き続けて、視線だけは必死に画面を見つめて、益山さんがアップで抜かれるたびに悲鳴をあげるという厄介なオタクだったので、まともな感想は全然言えないです……。(周囲の方々にはご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ないです)(他にも悲鳴をあげている人はたくさんいたので、それほどに衝撃的な展開だったんですよね……)

ただ益山さんがいた、というだけなら、あんなに泣き続けることはなくて、目の前で繰り広げられるパフォーマンス、そのひとつひとつを認識するたび、あまりにもカッコよすぎて、素敵すぎて、ボロボロ泣けてしまったのだと思うのですが。

(そもそもちゃんと見てなかったのか記憶が失われたのかは不確かですが、このブロック終了後のMCで「みんな剣見た!?」「四人それぞれデザインも違ってね」というトークに「何ひとつ覚えてねぇ…!」と絶望したので、早急にBlue-ray発売をよろしくお願いします)


続く『トレジャー・パーティ!』、こちらにもサプライズで菊池さんが登場。

立ち上がる時はヨロヨロでしたが、明るく元気で底抜けに楽しいパフォーマンスに、気づけばペンラを元気よく振っていました。なんてトロッコが似合う三人なのか!


そして、『サイコーCOUNT UP!』は、テンションMAXで今出来る最高の表現で、ステージに伊瀬谷四季を再現しようとする野上さんに、ペンラを振り声をあげて、全力で盛り上がって楽しんで。

二番に入ったところでバックダンサーが登場し、「セカライから増元さん続投だ〜!」「えっ、榎木さん!? まいたる! 確かに合うね!!!」とキャッキャしてた私は、ステージ上方を見てまた崩れそうになりました。「ま、益山さん、バックダンサーまでやるの!!????」

神楽さんを担当と崇める私は、彼と仲良くしてくれている四季くんのことも、同い年で一緒にパンケーキを食べた玄武くんのことも好きになり、同学年&同い年の三人をセットでも大好きになっていて。

そのうえ私は8Pのオタクでもあるため、野上さんソロに榎木さん益山さんというふたりがバックに付くなんて……8P濃度が高すぎる……対私の火力があまりにも強すぎる………

バックダンサーがいる間は最早パニックでしたが、彼らが去った後のCメロ、ひとりぽつんと舞台に座り込む野上さんの姿が、あまりにも私が期待する「伊瀬谷四季」すぎて。

ステージに立つ野上さんの覚悟や、表現力や、観客の期待に120%で応えようとするその姿に、あらためて、嬉しさと敬愛の念がこみ上げました。


続く『Sunset★Colers』は、仙台に続き、バンド生演奏!

仙台はあまりにも予想外で衝撃的すぎてわけがわからないまま終わってしまい、もう一度見たかったので、すっっっごく嬉しかった!

楽器のセットアップに少し時間がかかってしまっている間、「四季のソロ、最高だったよ!」と話しかける隼人、「みんなの前だと照れるっす〜」と返す四季の会話が、あまりにも自然に「四季と隼人」で。

千葉さんと野上さん、大好きなおふたりが、舞台上で遺憾無くその才能を発揮する姿も嬉しく見守りました。


FRAME『勇敢なるキミへ』もまた、現場であらためて、魅力や楽しさを感じた楽曲でした。
あたたかく、力強く、背中を押してくれるような三人の歌声に、めいっぱいのコールをするのが、本当にうれしくて、楽しい。


ラストスパートは、『約束はドリーミングフライト』、『Because』、『THE FIRST STAR』、それから『ARRIVE TO STAR』。

想定外が続いた本日のセットリストのなか、ここは「待ちに待った」流れで、ドラスタのパフォーマンスには安心感しかなく、当社比で穏やかな気持ちで見守っていました。


キャラに合わせて声のトーンや歌声を変えるだけでなく、舞台上でのパフォーマンスも表情や仕草ひとつひとつキャラ再現度の高い八代さんのパフォーマンスが、私は大好きです。

優しくて甘い歌声、抱きしめたくなるようなニコニコ笑顔、そして長い手足をめいっぱい使った振付、どれもすべて柏木翼を表現されていて。

もしあの日、キンプリのライブを見なかったとしても、私はいずれ、彼のパフォーマンスに触れて惹かれたんだろうなとあらためて確信しました。

しかもそのソロ曲に、サプライズゲストの菊池さん、そして永野さんがバックダンサーとして……出てきて………それまでも八代さんに「かっわいい~♡」とメロメロになっていましたが、その先は最早「かわっ…かわい…かわいい……」とうわごとのようにつぶやくことしか出来ませんでした。


桜庭先生のソロは、会場の空気を震わせる内田雄馬さんの美声、それを彩る冴えた青い照明とレーザーが本当に美しく、「内田雄馬とレーザー! 天才!!!」と語彙力を完全に奪われながら叫ぶしかありませんでした。

桜庭薫として舞台に立つ内田さんの凛とした姿、圧倒的な「強さ」を感じる佇まいに、レーザーが本当に合うんですよね……いずれ更に多くの予算が使えるようになったら水とレーザーの演出やってほしい……。

途中でイヤモニを外し、静寂を切り裂くように、アカペラで歌い始める演出も、桜庭薫に、そして内田雄馬にバチコーン!とハマるパフォーマンスで、文句なしにカッコよかった!!!


そして、天道輝としてステージに立つ、仲村さんのパフォーマンスを見るたび、「あなたがセンターだよ!!!」と、叫びたくなる気持ちに駆られます。

バックステージ映像でのちょっとした立ち居振る舞い、表情や会話からも、彼の覚悟や資質を感じられますが、何より、ステージに立った時の説得力が半端ない。

ドラスタのセンターとして、コンテンツのセンターとして、ステージに立つにふさわしい、圧倒的な陽のパワーでした。

初めてファスライの映像を見せてもらったとき「えっ、ドラスタのクオリティ何なの!?」と驚愕しましたが、三人が揃っての『ARRIVE TO STAR』は、ファスライやセカライから更に進化した、DRAMATIC STARSのパフォーマンスで。

本当にキラキラと輝いて見えて、2次元のアイドルを背負って3次元の声優さんが舞台に立つという、不思議でうつくしい光景を観ることが出来てよかった。SideMを好きになって、本当によかった、と心底思いました。


そしてこの日の永野さんの挨拶は、私の胸を締め付けるものでした。

「まだ未熟で出来ていないことがたくさんある」
「神楽麗くんの魅力を伝える入口には立っていたい」

いつも、そうやって、「もっと上を目指したい」という気持ちを表してくれる永野さんに、「今の貴方だって、十分魅力的なんだよ!」と少し苦しくなると同時に、「そんな真摯で努力家の貴方が神楽麗さんを演じてくれていて、本当に嬉しい」と幸せを噛みしめ、信頼の気持ちが強まります。

そして土岐さんの挨拶の最後、「僕たちの音、どうだったかい?」「Bravo!!!」というコール&レスポンスを求めてくれたこと、これまでにはないことで、本当にうれしかった。

f:id:myrkky:20180809220823p:plain

f:id:myrkky:20180809220831p:plain

いつも私たちを安心させるような言葉をくれる、と感じていた土岐さんから、コール&レスポンスを求めてもらえたことが、土岐さんの中の都築さんもきっとそれを望んだのだろうと思えたことが、本当にうれしかったです。


私は、Altessimoの、⼟岐さんと永野さんの、キャラクターへの向き合い⽅が⼤好きで。

神楽さんの背中を追いかけ続けていつも「まだまだ及ばない」と⾔って、今⽇も「⼊り⼝にならなきゃ」とお話してて、常に神楽さんを想って、尊敬して、⼤切に向き合って研鑽を積んでくれる永野くんと、

挨拶でも何でも、都築圭という存在と溶け合うように⾃然に観客へ語りかけ、都築さんを敬愛し⾄上の⾳楽を⽬指しながらも、あまりにも軽やかに優雅に都築圭という概念を体現し、アップデートし続けていく⼟岐さん。

わたしはステージの上の⼟岐さんと永野くんを⾒上げていて、⼟岐さんと永野くんは、その更に上にいる、⾄上の⾳楽を奏でるAltessimoを⾒上げているような。

いつも、そんな感覚にさせてくれる。わたしが聖域に置いて、尊く⾒上げているAltessimoを、わたしとは違う視点から⼀緒に⾒上げてくれている。

わたしとは違うかたちで、Altessimoのことを、誰より⼤切に、強く、想って、尊敬して、愛してくれている。⼟岐さんと永野くんが、都築さんと神楽さんで、ほんとうによかった。ふたり以外ありえなかった。ありがとう、ほんとうにありがとう


3rdライブツアーを経て、永野さんと土岐さんを更に大好きになって、ふたりを通じて、Altessimoのことも、もっと好きになって。

キャラクターへの愛情と、声優さんへの敬愛が複雑に絡み合い溶け合って、螺旋階段を一気に駆け上がるように、想いが高まってしまうのが、2次元アイドルコンテンツの楽しさであり、深みにハマる危険性だなあ……とあらためて感じました。


f:id:myrkky:20180809221112p:plain

感想でも何でもない告白を急にし始めたの、同行者様には非常に申し訳なく思っています……突然に好きが爆発してしまった……。

私は野上さんのパフォーマンスを観て、「えっ、この人すごくキャラ再現度高いよね!?」と驚いて、そこから四季くんのことも深く知りたいと思うようになりました。

だから、(映像という形でも)リアルタイムで、伊瀬谷四季としてステージに立つ野上さんを観ることが出来たのは、私にとって、すごく大きな体験で、更に想いが強まりました。


f:id:myrkky:20180809221226p:plain
f:id:myrkky:20180809221315p:plain

f:id:myrkky:20180809221421p:plain

そして今回、本当に、益山武明という役者に、完全に魅了されてしまいました。

表情の作り方、歌声への感情の載せ方、手足の使い方、身体の動かし方、何もかもが「紅井朱雀」を的確に表現していて、パワフルで、華やかで、素敵な方だなとは、映像を観たときから感じていましたが……生の現場で感じるそれは、本当に圧倒的で。

声優としてのお仕事は勿論ですが、俳優として舞台に立つお姿も一度は観なければ死ねない……と感じています。


初めてリアルタイムで見届けた今回のツアーは、新しい試みが沢山あり、演出の規模やクオリティも上がり、特に最終日はジャニオタ仲間とレーザーや照明、映像演出に「今回めっちゃ良くないですか!?」「昨日よりいい!!!」とキャーキャー沸きまくりました。

そして、それ以上に、シンプルに文句なしに楽しいライブで、今のタイミングでSideMにハマることが出来て、本当によかった! と思います。

もはや欠落してしまった記憶を埋めるため、友人知人と反芻するため&布教をするため、映像化を心からお待ちしていますし、更にパワーアップした、4thライブツアーに参加できることを、楽しみにしています。


あまりにも最終日が楽しかったので、「ちょっと金欠気味だし……」と保留にしてあった、昨年のGREETING TOURのBlu-rayも速攻で購入しました。

出演者の皆様、スタッフの皆様、コンテンツを支え続けてくださっている先輩Pの皆様、各会場、ステージ、照明、レーザー、トロッコ、シャボン玉、椅子、ステッキ等々、すべてにありがとうございました!!!!! 本当に楽しいひとときでした!