「シナモンが推し」になった話

推しナモン」という言葉をご存じでしょうか?

上記の記事を読めばお分かりいただけるとおり、「自分の推しがサンリオキャラクターの『シナモロール』に似てる!」と感じる気持ちを、ネットの一部でそのように表現されています。

初めて「推しナモン」という言葉を知ったとき「へぇ~私の推しは当てはまらないなあ…」と思っていました。


それから約半年後の現在、私は「推しがシナモンに見える」ではなく「シナモンが推しになる」という状況に陥っています。




キッカケは、友人に誘われてサンリオピューロランドに行ったことでした。


私はそれまで一度もピューロランドに行ったことがなく、友人も子どもの頃に行った程度。
何の予備知識もなく、ただ「ショーがすごいらしい」というジャニオタ仲間からの情報だけで軽率に聖地・多摩センターへ向かいました。


結果、メインのショー『Miracle Gift Parade』で成人女性ふたりガチ泣き。


増田セバスチャンをアートディレクターに迎え、前山田健一ヒャダイン)が楽曲提供している『Miracle Gift Parade』はカラフルポップな衣装と華やかな照明で、多幸感とカワイイの洪水のようなショー。

アッパーに楽しい前半と、ちょっぴりホロリとくる後半の展開、そしてアッパーな締めで文句なしに楽しいのです!

(私がにわかピューロオタになっているのを見て、Twitterで交流のあるジャニオタさんたちが何人かピューロ行かれてたんですが、皆さん楽しまれていましたので、ジャニオタさんにマジオススメ。)


幼い頃から馴染み深いキティちゃんが、「キティさん」とお呼びするしかない神々しさ&圧倒的光属性の赤色センターゼロ番であることを思い知らされ、
キキララやマイメロ、ポチャッコ、ポムポムプリン、けろけろけろっぴなど、懐かしいキャラクターたちが愛らしく歌い踊る姿に心癒され、
クロバットや激しい振り付けを笑顔でガンガン踊るダンサーの皆さまに魅了され。


一時間にも満たないショーだというのに、終わる頃には「楽しい!」「えっ!ピューロめちゃくちゃ楽しい!」「カワイイ!」「キティさんはアイドル!」と完全に思考を塗り替えられてしまいました。

更に、テニミュ等でおなじみのネルケプランニングが企画している『ちっちゃな英雄』という「ピューロ版2.5次元」的な若手俳優のミュージカルも、「マーケティングの力を…感じる…!」と震えが止まらないキャラクター造形&関係性が素晴らしく、森ネズミの兄弟に性癖を鷲掴みにされました。


めいっぱいに初ピューロランドを楽しんだ、一週間後。

私はふたたび多摩センターの地へ降り立ち、迷うことなく年間パスポートを購入しました。

※ちなみに私はその後知ったのですが、楽天市場のサンリオオンラインショップで買うと、5,000円分のギフト券がついてくるので超お得です!!!!

とはいえ、その時点では、まだ
「前回とにかくショーが楽しかった」
「アトラクションも体験してみたい」
「カワイイに心がぴょんぴょんするからふらっと来たい」
くらいのゆるいテンションでした。

前回は階段の上から見た『Miracle Gift Parade』を近くで観たいと思い、ショーの待機列に並んでみました。

そして獲得した席が、ちょうど、シナモロールとポムポムプリンがよく見える位置だったのです。

f:id:myrkky:20180218154043j:plain
f:id:myrkky:20180218153934j:plain

「かッ……かわいい………!!!!!!!!!!!!!」

私の頭の奥で脳が溶ける音がしました。

f:id:myrkky:20180218154117j:plain
f:id:myrkky:20180218154018j:plain

この日のカメラロールはシナモンくんとプリンくんだらけで、帰宅してからも延々振り返っていました。

シナモンくん、見れば見るほどかわいい…好き…かわいい……


更に私の病状が本格的に進んだのは、この動画でした。

シナモンが歌う『Chu-Chu-Chu』。

シナモンの声帯をつとめる川田妙子さんは、海外ドラマ『フルハウス』ミシェル役でおなじみで、ほんと、あの、脳がデロッデロに溶けます……。

シナモンくんの声、圧倒的なあどけなさと愛らしさの中に、ほんのりすこしだけ淋しげというか、庇護欲を掻き立てる響きがあるんですよね……。


また、着ぐるみの造形も、私の心をくすぐる要因のひとつでした。

他のキャラクターと比べると、生で見るシナモンくんは、圧倒的に手足が短く、頭も大きく、可動域が狭いです。

そんなシナモンくんがダンスはキレッキレで踊っていたり、短い手足と頭をめいっぱい使って感情表現をしてくれている様子を見ると、私はいつもたまらない気持ちになります。

この動画だと他キャラとの比較が解りやすいと思います。
けろっぴさん・プリンくん・シナモンくんの手足短い組の頑張り度よ…!


もともと、私はライブや舞台など「生」で観れる現場・直接声援を送ることが出来る現場が大好きなオタクなのですが、そんな私にとって「サンリオピューロランド」という常設の劇場があるサンリオは非常に水の合うところでした。

時間と交通費さえあれば、いつでもパレードや舞台に立つシナモンくんを拝むことが出来るのです…!!!

こんな恵まれたジャンル、他にあるでしょうか。


そしてピューロランド、ガチオタの比率も比較的高い。
一人客でもそこまで浮かず、肩身の狭い思いをすることもありません。(個人の感想です)

シナモンくん目当てでパレード最前列の指定席に課金した際、周囲が全員一眼レフ装備の男性だったこともありました。

私自身は今のところ、「生で動くシナモンくんが観たい♡」「シナモンくんと接触したい♡♡♡」という現場&接触厨オタクなので、一眼レフ欲はないのですが、シナモンくんのグッズは買い求めています。


正直、あまりにも通いすぎてて流石にアレなので毎回Twitterでつぶやくことは出来ない程度には、ピューロに通い詰めています。
時には隙間時間に、シナモンくんとのツーショットを撮るためだけに、ピューロに寄ることもあります。

沖縄にもシナモンくんぬいぐるみと一緒に行き、友人と行く先々で写真を撮りました。



シナモン……マイエンジェル………


「可愛いものが好き♡な自分を可愛いと思ってるんだろ or 自分が可愛いと思われたいんだろ」

という言説をたまに目にしますが、

「私ごときの自意識など関係なく、シナモンくんが最高に可愛いことは絶対不変の真理!!!」

という強い気持ち強い愛を持ってシナモンくんを推す日々です。


そして2018年3月から、シナモンくんの新たな魅力を堪能できるショーが始まりました。

その名も、『KAWAII KABUKI』!!!

初見の際、気合い入れて並んだら、最前列・推しの立ち位置が目の前でリアルに「はわわ…」と手を組みながら、豪奢な衣装に身を包むシナモンくんを見守りました。

サンリオの「カワイイ」と「みんな仲良く」の世界観、スーパー歌舞伎のハイテンションな楽しさとカッコよさ、ジャパンカルチャーの技術と魅力がギュギュッと詰まった名作です。
ぜひ!2018年を生きるエンタメ好き皆に見てほしい〜!!!!!!

何より、幼少時に少しでもサンリオキャラクターを好きだった方なら、ぜったい楽しめるテーマパークだと思いますピューロランド。

(にわかオタのピューロアテンド記事も現在準備中ですので、そちらもあわせてご覧いただけると嬉しいです)


そして!今年も!サンリオキャラクター大賞2018が!あります!!!!!

ぜひシナモンくんに二冠を取ってほしい!どんな次元でもジャンルでも、推しには死ぬほど売れてほしい!!!

以下ページより投票が可能です。皆さまご協力のほど、よろしくお願いいたします!!!!!!


余談ですが、当方、自分の写真を撮る習慣がないオタク。直近で残されている写真は、全てピューロランドでのキャラグリーティングで撮影したものです。

3年以内に私が死んだ場合、おそらく遺影はシナモンくんとのツーショットになると思いますので、関係者の皆さまはどうぞよろしくお願い申し上げます(?)