2017上半期現場まとめ

 

毎月インプットしたものの記録を残そう! というつもりが、FGOにドハマりしてすべてが狂わされている日々ですこんばんは。

Fate/Grand Order

Fate/Grand Order

  • Aniplex Inc.
  • ゲーム
  • 無料

ソシャゲにハマって読書量はみるみる減ったが、せめて現場の記録だけは残しておこうという気持ちの個人的記録。

 

 

1月

1月の詳細は別記事で。トンダカラ第二回公演はやくきてほしいな…

 

2月

  • 『皆、シンデレラがやりたい。』@本多劇場

セカロマの脚本がねもしゅーさんと聞き、フォロワさんとのやりとりの中で「今まで勝手に苦手意識もってたけど、これは私の好みなのでは…?」と思って観に行ったら、ビンゴどころの話ではなかった。

いっそ清々しいほどバカしか出て来ないし、全員の言動がクソすぎるけど、それが、そこが、いじらしくて、いとしい。物語はマァゲスいんだが、意地悪さや下劣さより「大嫌いだし、愛してる」みたいな、ディープな「愛」を感じてめちゃくちゃ面白い(笑える&興味深い)演劇だった。

 

3月

上半期の前半は、「俺は!鯨井康介の演技が!好きだ!!!!!」という熱量で生きていた感がある。新たなメンバーを迎えたペダステ、青八木役・八島くんと共に鯨井さんがお芝居全体を支えている姿に胸が熱くなった。

少プレ番協は、「夜の駐車場に >黒ライダースだがスニーカー< という服装の大量の女性がいる」って光景だけでもめちゃくちゃ思い出に残ったうえ、AOL様を崇拝してやまない私があの場に居合わせられたのは運命だと思っている。前世の私ありがとう。

刀ミュについては以下の記事のとおり、

初見からかんぜんに頭をやられていたのだが、二回目で症状が悪化し、「Spiさんの歌…歌が聴きたい……」と、朦朧としながらSpiさんの動画を見まくっていた。「歌声に惚れ込む」というのが久々の体験すぎてもう。ここらへんの経緯は後日また。

 

4月

  • 『Ye ー夜ー』@東京芸術劇場
  • 『INKT LIVE HOUSE TOUR 2017』
  • TRICKSTER -the STAGEー』@Zeppブルーシアター
  • ライブビューイング ミュージカル『刀剣乱舞』〜三百年の子守唄〜 

 

『Ye ー夜ー』は北村諒さんの美貌におののいていたところフォロワーさんにオススメしてもらった(ありがとうございました…!)。うつくしくて切なくて芸術的だけど素晴らしくエンタメで、超良質な舞台だった。

 

 予定が合わず一回しか入れなかったINKTツアー、あたたかくて楽しくて、音も言葉も琴線をダイレクトに刺激されるような心地で。また現場を楽しみにしている!

TRICKSTER』は鯨井さん目当てに、生まれて初めて原作未読で観に行ったらめちゃくちゃ前列で、細貝さんとの殺伐&妖艶なやりとりに魅せられまくった。

 

5月 

ジンアカニシは最早言葉で語り尽くせないほどよかった…現場だけで充足感がありすぎて、アウトプットできない。神々しいかわいい。

セカロマは、初見の直後つぶやいた内容に尽きますね…ねもしゅーさんありがとう上田担得の舞台をつくってくれて………

 

 サクラパパオーもめちゃくちゃ良かったんだ。老若男女ゆるっと楽しめて、劇場を出たときちょっとあたたかな気持ちになれる。素敵なコメディだった。

 

6月

毎年入らせていただいているNEWSさん、今年はオープニングの演出がスチームパンクみあるファンタジーで最高すぎた!KAT-TUN担演出厨には全員入ってほしかった。

そして『あやめ』があまりにも大切な想い出すぎるので、いずれ、このことはきちんと残したいです。

前回は粗削りな試みを見守る心地だったくろステ、今回はひとつ上のステージ、更に上を目指していることが伝わってきて、すごくすごく良かった。特に私は火神くんを信仰しているオタクなので、彼を演じる安里さんが本当に、「神降ろし」としか表現できない再現度の高さで火神くんを表現してくれていることに、毎回グッときてしまう。

そして最近ほぼこの話しかしていないんじゃないかと思う、アニメの方のキンプリ。新作映画は電子ドラッグ度がブチ上がっているので、前作を知らなくても観に行ってほしい。煌めく画面!怒涛の展開!情報量の大洪水!

 

 

ジャニーズ現場多めだった昨年に比べ、今年は2.5舞台→そこでハマった俳優さん目当ての舞台作品が多めで、複数のソシャゲを繰り回し、キンプリはじめ2次元アイドルへの熱量も上がり、いよいよ次元が混濁してまいりました。

亀梨さんのソロコンサートは残念ながらチケット獲れなかったけど、中丸さんのソロ舞台は入りたいなあ。入れるといいなあ。

刀ミュで大倶利伽羅を演じた財木琢磨さんが、秋から始まる『水戸黄門』の助さん役に決まったため時代劇も見始めることになり、ますますカオスな下半期になりそうです。