読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KISS KISS KISS感想ログ

KAT-TUN

今更ながらTwitterでの感想まとめておく。


PV

集合で踊るより一層、ひとりひとりの個性や動きの特性が堪能出来て、切り替えのタイミングも絶妙で、監督にお中元を贈りたい。

コンセプトが明確で、細部まで拘りが感じられて、エロティックだけど品があって、遊び心もあって、4人になってからのPVで一番好きかもしれない。

結局この日は一時間以上PV観続けたし、鑑賞会もやった(大満足)。

ひとつの世界観の中で思いっきり個性発揮しまくるKAT-TUNが好きすぎる。

アラサー男性を美少女と評するの何がなんだかって感じだが、このPVの田口くん所々子リスちゃんみたいで本当にカワイイんだよ。間奏でピアノ弾くっぽい動きするのカワイイが天元突破してるんだよ。

未だにわからない。

このPVの亀梨さん、洗いざらしの髪で悩ましげな表情で、危うく道を踏み外しそうな色気に満ちていて、最早男とか女とかじゃねえって思った。

メイキング

あと穴について言及しすぎ。

キレ気味に照れる様がすこぶる可愛かった。

ジャージ姿の上田さんの後ろで、ふたりともシャツ×ニット的な出で立ちで踊ってるの違和感しかない。

やっぱりアイドルは田口くんの天職なんだろうなって。

しばらく楽屋のコーナー観てないのでまた観たいですお願いします。


KISS KISS KISS【初回限定盤2】(DVD付)

KISS KISS KISS【初回限定盤2】(DVD付)

シャッフルKAT-TUN


与えられた条件・限られた期間の中でスマートに最適解を出してゆく市ヶ谷と、条件とか期間とか以上に「自分達が納得ゆく作品」を突き詰めることを重視するタッチという、真逆な取り組み方が本当に面白くてワクワクした。

締切9日前のくだり、曲を改善してきたスタッフさんに「(前回より)最悪になってる」「アレンジが決まらないと詞が作れない」とズバズバ言うタッチがたまらない。その言葉を受けたスタッフさんが若干イラッとしつつも仕事だし大人なので冷静に対応しているところもたまらない。

曲に対するタッチの要求が全然ロジカルじゃなくて、めちゃくちゃ感覚的(「ラーラララーって感じ」「サビ聴いて、『あ、いいな』って思うやつ」等)な言語使いまくってるんだけど、亀梨さんと上田さんの間では曲の方向性に関するビジョンが明確に共有出来ていて、スタッフさんもそれを汲み取っていくのがスゲェ。

同じアイテムではないけど常にコーディネートが似ているという、双子コーデ状態。

ギラッギラにライト当てる必要なくきれいなお肌なのだなと。

上田さんがかぶってたキャップの文字。色もトリコロールだった。

中丸さんの説明長いけどいつも役立つ。

後に、食事してる市ヶ谷もぐもぐ映像を意図的に取り入れていたことを知って「中丸さんマジで強いぞ……」と戦慄した。今後も是非我々ファンの需要を満たしまくっていただきたい。

本当に本当に神企画だったので、同ペアでも別ペアでもどちらでもいいから次回も是非お願いしたい…!