読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

quarterコンこぼれ話・他

ここ2ヶ月のTwitterログまとめ。

  • quarterコンこぼれ話
  • 亀梨さんの魅力再発見
  • どのジャンルでも学園パロと家族パロを考えるタイプのオタク
  • 餅を食べる自担に萌えるタイプのオタク
  • これほど上田口のことをつぶやいておいて未だに自覚が薄かったことを反省するコーナー
  • アイドルを好きになることは己と向き合うこと
  • その他いろいろ

quarterコンこぼれ話

公式Webのグッズ紹介記事で「ハイフンカラー=白」とメンバーに定義されていることを知るも、誰も知らない定義だった件。

あれだけグダグダ言っていた*1けど初うちわ、信仰心が高まって非常に楽しかったので、次回からも持ちたい。

露出度低い中丸さんが好きなオタク。(今回は田口くんが七分袖だった)

過去映像では割と接近もあるので、quarterコンの『ありがとう』などは「今」の亀梨和也上田竜也だからこその演出なのかな~って気もしている。自己プロデュース能力高いふたりだし。

あと最終的に「予備知識ゼロでquarterコンDVD観る新規の方のTwitter実況めっちゃ読みたい……」って思ってる。

軽率なクロスオーバー。


亀梨さんの魅力再発見

カムヒアDVD感想であらためてネチネチ語りたいが、あの『離さないで愛』のパフォーマンスは本当に凄まじかった。

これまでも素敵だとは思っていたが、カムヒアDVD→quarterコンで「アイドル・亀梨和也」の魅力を再認識した感があり、いま自分の中でとても盛り上がっている。

ライブDVD等、初見だとどうしても上田さんに注目しがちなので、亀梨さんに注目して観返したい。

そして突然のカミングアウト。(一度つぶやいたら躊躇いが無くなって、最近もう「キメ顔かめにゃんカワイイ~!」とか平気で言ってる)


どのジャンルでも学園パロと家族パロを考えるタイプのオタク

がつーんでのトークを聴いていつも考えていたことと、quarterコンであらためて思ったこと。

市ヶ谷は元から兄弟だけど基本上下関係なく遠慮もなく、でも肝心なところではシッカリお兄さんやってくれる雄一くんっていう感もある。

当初、背の高い田口くんを年上かと思って敬語使ってたエピソードが好きすぎて妄想を始める。

友達部は何だか自然体で、ふとしたとき「あ、けっこう仲良いんだ?」って気づかされる感じが素敵だと思う。

だんだん学園パロ設定がかたまってきた。


餅を食べる自担に萌えるタイプのオタク

海苔巻いて醤油つける、という極めてシンプルな食し方をしていることが判明した。

これまで自分は「上田竜也+正月+一人+餅」というコンボにやられたのだと思っていたが、「上田竜也+餅」だけで大興奮していたのでもう自分で自分がわからない。

いずれうちわを自作する日がきたら、餅をモチーフにするべきなのだろうか……


これほど上田口のことをつぶやいておいて未だに自覚が薄かったことを反省するコーナー

quarterコン(5/10)終演後、フォロワーさん数名から「(MCの上田口を観て)てつたろうさん死んじゃったなと思った」と言われた。

このつぶやきを投下したとき、「へぇ~、私別に上田口担とか主張してるつもりないのに、そう思われるんだなあ……」とぼんやり不思議に思っていたが、振り返ってみたら何の不思議もなかったというかお前よくそれで不思議に思ったな!? と脱力したので反省の意を込めて記録。

そもそもこの遊びがガチに発展して、今リビングに上田口飾ってるからな!?
(寝室には集合ポスターを飾っている)

とにかく上田口を飾りたいし実際飾ってる。

フィギュアにしたい発言は、上田口ふたりとも髪形・ビジュアルの変化激しいので、その変遷を並べたいという欲求。

どっちが光でも闇でも素敵だなと思うのでWinkUp先生よろしくお願いします。

上田さんの舌足らずで甘く掠れた声と、田口くんの伸びやかにあたたかく響く声のハーモニーが好きで好きで上田口のハモり聴くたび毎回この状態になる。

上田口にハマるキッカケになったエピソード、何度も反芻しても飽きない。

公式Webのエピソードで泣く。

数日実家に帰っただけで禁断症状が出る。

そんな呑気なこと言ってると5日後ひどいめに遭うぞ感。

引き続き、上田口画像もエピソードも速攻ふぁぼってゆきたい所存。


アイドルを好きになることは己と向き合うこと

二次元つながりのフォロワーさんと二次元の話をしていた時にはそんなことなかったのに、アイドルの話をしていると毎回、当人に自覚のない性癖を指摘したりされたりという展開になる。

この時は色々掘り下げすぎて、相手の性癖や嗜好を指摘するうちブーメランで(ここには流石に書けないような)自分の心の闇と向き合う羽目になりボロボロになって面白かったけどつらい。でも楽しい。


その他いろいろ

ちょっと他グループのエピソード漁ると自分の嗜好に合いそうなものがザクザク出てきて怖いので最近はなるべく見ないようにしている。

もっと上田さんを評する語彙を増やしたい的確な説明が出来るようになりたいという気持ちはあれど、いざ目の前にすると「うえださんうつくしい……」としか言えない。

「中丸さんは概念」とも言っていた。

人生の節目を彩るKAT-TUN

フラグではない(と信じたい)。

初めて観たとき「これはやばい(やばい)」と思ったし、今観返してもやっぱりどうかしてて最高。

アイドルを観て楽しむのは勿論だが、アイドルを観て楽しんでいる他者を見て楽しむ(そして自分の様子も誰かに楽しまれている)という側面もあり、ジャニオタ本当に楽しい。

葬儀に関する希望。

*1:参考: