生まれて初めてアイドル誌を買った他

ブログ更新サボってた間のまとめ。

  • 生まれて初めてアイドル誌を買った
  • 増殖するCDとDVD
  • 周囲を引きずり込むKAT-TUNヤクザ
  • あっさりジャニショデビュー
  • アイドルはQOLを向上させる
  • 上田口に惹かれる自分を認めざるをえない
  • 田口推しになりつつある
  • 上田竜也という存在
  • 正式なジャガイモになる

生まれて初めてアイドル誌を買った

みんな大好き『WINK UP』3月号に、「美しいコレクション」というテーマで上田さんのグラビアが掲載されると知り、ビジネス書数冊でカモフラージュ(出来ていない)しつつ購入。

一枚目から、白ずくめの衣装、白ずくめの背景、床に散らばる薔薇の花弁。
まるで椅子に座らされている人形のような風情で、目を閉じる上田さん。
全体はモノクロだが、口に咥えた薔薇の花だけが赤い。

……という耽美フルスロットルの写真だった。どうかしてる!

他二枚も、落ち葉の上に置かれた木箱に打ち捨てられる人形っぽかったり、足首にシリアルナンバーつけてベルベットの上に横たわってたり、わけがわからないけど最高にファンのニーズ満たしてくれていたと思いますありがとうございます。


増殖するCDとDVD

出先でBOOK OFFに寄りまくっていたら3日でCDが倍以上に増えた。
まだ消化しきれてないので、2月22日現在は変化ナシ。そろそろ収納スペースに困り始めている。


周囲を引きずり込むKAT-TUNヤクザ

田口くんに興味アリ&中丸さんが好みと興味持ち始めてくれたフォロワーさんと、女子アイドル現場でお会いする予定があったので「DVD押しつけていいですか!?」と食いつき了承を得る。

いろいろアドバイスいただきありがとうございました!

当初は2013年カウントダウンコンサートのDVDを貸す気でいたが、韓流スターのようにキラキラしてる田口くんのソロを観てほしい!とCHAINに変更。

まさかこの選択により、そのフォロワーさんが「軍服で鎖につないだイケメンを従え猫のように鳴く」田中さんソロに魅了され、KAT-TUN鑑賞会に緊急参戦することになるとは思いもよらなかった。

ちなみに別のフォロワーさんにもDVDを送りつける約束をしている。


あっさりジャニショデビュー

代々木で女子アイドルのライブがあり、ちょっと覗いてみようかなと店の前まで行ってみたら係員の人に誘導され、ホイホイ中に入ってしまった。

上田さんメインに9枚購入したが、袋を背負った悪そうな上田さんを買い忘れたのと、もっと買ってよかったのでは……!?という後悔があるので近日中に再度足を運ぶ予感。


アイドルはQOLを向上させる

この感覚と効果は、これまで色んなジャンルにハマって一度も味わったことがなく、物珍しくて最近ずっと考えている。

特に最近は、ジョカゲ露出で亀梨さんのストイックさ、プロ意識の高さに触れることが多く、そのたび職業人として尊敬と憧れが強まっている。

アイドルを「アイドルという存在」だけではなく、「アイドルという職業」として捉えて考えるのが好きなので、ここらへん今後も掘り下げてゆきたい。


田口くん推しになりつつある

田口くんベタ褒めだが、ポジティブで天真爛漫で、笑顔で歌い踊る姿は楽しさとパワーを与えてくれて、時折みせるナチュラルボーン王子な傲慢発言込みで素敵なスーパーアイドルなので、もっと売れるべきだと思う!


上田口に心惹かれる自分を認めざるをえない。

キッカケは、某アイドル誌で過去に「空を飛びたい」と言い出した田口くんを「まかせろ!」と寝転がって足で持ち上げてあげた上田さんの心温まるエピソードだった。

他のエピソードも掘り起こして、仲が良いのか距離があるのか掴みづらいふたりの面白さに開眼。

この時点でカメラロールにあるKAT-TUN関連の画像、上田さんと田口くんと上田口が8割だった。

ふたりの関係性やパフォーマンスの違い、マインドの対照性なども心惹かれる要因だが、ホントこれに尽きる。どんなに疲れていても上田口の画像を見るだけで回復できる。

オススメ上田口がございましたら是非、Twitterまたはaskまで情報お寄せください。


上田竜也という存在

上田さんは髪が長く中性的なイメージが強かった頃と、男っぽい&不良っぽい最近とでは表情やダンスに差異があって、それを説明できるようになりたいなと日々PVを観て言語化を試みている。

そのように「うつくしい」以外の言葉で描写したいと思っていても、いざ上田さんの美を目の当たりにすると「うつくしすぎる…!」としか言えていないので修行が足りない。

フォロワーさんの「田口くんプレゼンしたい」発言に触発された。美術史っぽくまとめたい。

フォロワーさんからいただいたKAT-TUN髪形変遷の画像を見ての発言。

つくりものっぽい美しさ・同じ人間という親近感の薄さと、生身の人間ぽいパワフルさが共存するところも魅力のひとつだなと。

現時点で、自分にとって上田さんがどんな存在かを表すにふさわしいのは「ミューズ」なのだなと。


正式なジャガイモになる

宣言通りファンクラブに入会し、無事、会員証が届いた。噂には聞いていたが、本当にホストクラブか何かの会員証にしか見えない。

ともあれ、これで言い逃れのしようもなく正式なKAT-TUNファンになった。

超熱しやすく冷めやすい人間なので、このブログを作ったときは正直「1ヶ月くらいで落ち着いちゃうかもな~」と思っていたが、2月入っても何ひとつ落ち着いてなかった。むしろ加速していた。

PVやDVDも引き続きもりもり消化中で、女王コンや海賊帆で上田さんに打ちのめされた話や、セカラブが面白すぎる話や、少プレが今月も神だった話や、田口くんが炎上しなかった話なども別途まとめたい。