畠中祐 2ndシングル『真夏BEAT』はいいぞ

ラジオで楽曲オンエアされるたびに「2ndシングル名盤すぎない!!!????」と興奮していた、畠中祐くんの『真夏BEAT』。リリースされてフルで聴いたら案の定の名曲揃いで、移動中や筋トレ中などずっと聴いてる。

祐くんの歌い方を含め、楽曲の映像喚起力がすごいんですよ。

このシングルが夏の一日をテーマにしてる、という話を聞く前から、

『真夏BEAT』からは降り注ぐ昼の日差しが、
『Summer Breeze』からは夕暮れのビーチが、
『CRUISING』は夏の夜のダンスフロアが、一発で想起されていた。

一枚のなかに異なる色の、しかし一貫したテーマもある楽曲が詰め込まれている、っていう、シングルとしての構成もうつくしい。

そんな感じで、ただひたすらシンプルに楽曲が好きで、マジで「『真夏BEAT』はいいぞ」くらいのことしか言えないんですけど、感想をしたためておきます。

続きを読む

『有田と週刊プロレスと』が面白い

私は2〜3次元ジャンルを欲望のまま横断しまくるオタクだが、「プロレス」は殆ど観たことがないし、まったく詳しくない。

でも、Amazonプライム・ビデオで配信されている番組『有田と週刊プロレスと』が大好きで、シーズン1から現在配信中の3まで全話観続けている。

何故か? 理由はシンプルだ。

面白い。 それだけ。

たとえば『アメトーーク!』で知らない漫画作品やジャンルの特集回を「いや何だその展開!?」「マニアすごいな!?」と面白く見てしまう、という経験はないでしょうか。端的に言うと、あの面白さ。

続きを読む

「8P」デュエット曲 第2弾が名曲揃いすぎた話

男性声優企画ユニット「8P」は楽曲も良いんです!聴いた人みんな良いって言ってます!!!的な記事です。

いやでも冗談抜きで、デュエット曲の第二弾、新たな組み合わせと異なる路線と魅力が開拓された素晴らしい楽曲ばかりなんですよ。

ということでいつもの、独断と偏見と妄想に満ち溢れた感想文です!!!

サクッと試聴したい方はこちらをどうぞ!

続きを読む

「8P」リーディングイベント2018spring

2018年5月27日に開催された、『「8P」リーディングイベント2018spring』。

あまりにも楽しかったので、今更ながら記録しておきます(レポなど有益な情報ではなく個人の印象と感想メインです!)。

続きを読む

「8P」ユニットソング Vol.4(野上翔&八代拓)感想文

こんにちは!VIMS推しです!!!!

独断と偏見と妄言に満ちたユニット曲感想文、ラストは「VIMSのイケメン担当と面白い担当(by野上翔)」こと野上・八代のVIMS同期コンビ!

8P ユニットソングCD Vol.4

同期だけど5歳の年齢差があり、しかしお互いを雑に扱ったり、急に仲良くしたり、という気の置けない距離感が私はめちゃくちゃ好きで…………この話あと5万字くらい続いてしまうので、このあたりで止めておきます。
なんかねー!言うて『8P channel』では仲良さそうな場面それほど多くないんですけどね!共演イベント後のがみさんがチョクメで同期ツーショットと共に絆を感じる文章を送ってくるからね!VIMSのオタクはそのたびに死す!!!!!!!

続きを読む

「8P」ユニットソング Vol.3(ランズベリー・アーサー&高坂篤志)感想文

独断と偏見と妄言に満ちたユニット曲感想文の第三弾は、「ランズベリーサーカス団」団長と名誉団員!

(謎の呼び名の詳細は、楽天TVにて全エピソード配信中の『8P channel』をご覧ください)

8P ユニットソングCD Vol.3

一貫してフィジカル!パッション!エキセントリック!なアーサーさんと、真面目であるが故に突如誰よりもブッ飛んだことをやりはじめる高坂さん(以下、専務=8P内での高坂さんのあだ名です)という対比がいい。

生まれはカリフォルニア・日米クォーターのイケメンと、関西出身実家は和服の仕立て屋の塩顔男子、というバランスもいい。

メンバーカラーは水色と青で共に寒色。もはや運命のシンメ感がある(?)

続きを読む